CPCセントラル・パシフィック・カレッジ

CPC セントラル・パシフィック・カレッジ

エリア 生徒数 日本人比率 4週間学費
その他 60~70人 90% $1,020~

POINT

  • 30代以上の方の割合が高い学校
  • 母国語禁止あり
  • 英語+αを開講している学校
  • 試験対策コースが人気
  • 進学準備

-  学校情報  -

学校スタッフコメント

CPCスタッフのSakuraです。私はもともと生徒としてCPCに在籍していました。初級からスタートし、当初は1年の予定でしたが、比較的年齢層の高い30~40代の学生が多く、落ち着いた雰囲気の中で自分のペースで勉強ができたため、最終的には3年間過ごしました。その間に現在の夫と出会い、現在は結婚してスタッフとして働いています。 CPCは少人数制のアットホームな学校なので、講師やスタッフと生徒の距離が近いのも特徴です。スタッフの中にはハワイ長期移住者が多いので、ハワイで国際結婚、出産、親子留学、海外就職のためのビザ取得方法など、自身の経験をふまえて相談にのれます。ハワイで皆さんのお越しをお待ちしています。

日本人スタッフのサポートが手厚い学校

CPC(Central Pacific College)は、ハワイ、ホノルルのアラモアナセンターから徒歩5分の場所にある日本資本の語学学校です。日本人スタッフが複数名常駐しているので、日本人へのサポート体制も整っています。日本人スタッフが常駐しているので、日本人比率も高めの学校ですが、校舎内はEOP(母国語禁止)ハワイでもトップレベルで厳しく取り締まっているので、授業中だけでなく休憩中も英語で話す環境となります。日本人スタッフのサポートが手厚い学校で、しっかりと基礎から英語を学びたい方にお勧めの学校です。

ハワイが満喫できるClub Keikiが人気

セントラル・パシフィック・カレッジ

CPCでは、毎年春休みと夏休みにダイヤモンドヘッドへのハイキングやドールプランテーションでの迷路など毎回ハワイの文化や観光を楽しめるアクティビティと英語のレッスンがセットになった人気プログラムClub Keikiを開講しています。ハワイの文化を満喫しつつ、英語も楽しく学んでほしい。そのような方にお勧めのプログラムです。

1年間以上の長期留学にもおすすめ

セントラル・パシフィック・カレッジ

CPCでは、超初心者の方から上級レベルまで授業を開講しているので、1年以上のご留学の方も多くいらっしゃいます。長期留学でも気をゆるめず、常に目標をもって勉強ができるようサポート体制が整っているので、ハワイへの長期留学をご希望されている方や、お子様の現地校進学への付き添い留学の親御様からも根強い人気があります。

学校データ

訪問したスタッフからのコメント

社会人の女性に人気の高い語学学校です。基礎からしっかりと勉強したい方におすすめの学校です。
生徒数 60~70人
国籍比率 90%
日本人スタッフ 在中
年齢制限 17歳以上
学校内設備 -
住所 1221 Kapiolani Blvd., Suite 740 Honolulu, HI 96814

-  授業料  -

2020年料金表

英語上達プログラム(EPP)

                                       
コース名 1-4週間 5-8週間9-11週間12-23週間24-35週間36-47週間48+週間
英語上達プログラム(週20時間) $308 $302 $283 $256 $242 $227 $184

英語会話プログラム(ECP)

コース名 1-3週間 4-12週間
英語会話プログラム(16時間) $208 $260

TOEFL/TOEIC

                                       
コース名 1-4週間 5-8週間9-11週間12-23週間24-35週間36-47週間48+週間
TOEFL/TOEIC(週20時間) $308 $302 $283 $256 $242 $227 $184

CLUB Keiki プログラム(KIDS プログラム)

                                   
コース名 1週間 2週間3週間4週間5-8週間
KIds プログラム $809 $680 $621$610 $590

《備考》
※上記の料金は週あたりの授業料です。滞在費は別途かかります。

その他の費用

項目 費用
【登録費】F1 (EPP/TOEIC/TOEFL) $150
【登録費】F1以外(ECP等) $100
【登録費】Kids プログラム $100

-  プログラム  -

コース概要

対象年齢 17歳以上
開講曜日 月~金曜日
レッスン時間 週16/20時間
授業内容 一般英語、試験対策

一般英語コース

コース名 レッスン時間
英語上達プログラム(EPP) 週20時間
英語会話プログラム(ECP) 週16時間

英語上達プログラム(EPP)コース

英語上達プログラム(EPP)コースは、F-1学生ビザの長期プログラムです。初級者から上級者まですべてのレベルの方が受講できます。リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの語学に必要な4つのスキルを総合的に身につけるカリキュラムです。レベルは6段階に分かれています。月曜日~金曜日(AM9:00~PM1:00 または PM1:00~PM5:00)の授業スケジュールです。

英語会話プログラム(ECP)コース

英語会話プログラム(ECP)コースは、F-1学生ビザ無しの短期プログラムです。初級者から上級者まですべてのレベルの方が受講できます。リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの語学に必要な4つのスキルを総合的に身につけるカリキュラムです。レベルは6段階に分かれています。月曜日~木曜日(AM9:00~PM1:00 または PM1:00~PM5:00)の授業スケジュールです。

試験対策コース

コース名 レッスン時間
TOEIC 週20時間
TOEFL 週20時間

TOEIC/TOEFLコース

TOEIC/TOEFLコースは、テストのスコアアップに向けた対策プログラムです。テストの戦略方法やコツを学習します。授業は、月曜日~金曜日(AM9:00~PM1:00 または PM1:00~PM5:00)です。

スケジュールサンプル

時間
9:00~13:00 授業 授業 授業 授業 授業
13:00~17:00 授業 授業 授業 授業 授業
※午前又は午後のどちらかとなります。週16週間のコースは木曜日までとなります。

-  滞在先  -

コンドミニアムレジデンス(シェアコンド)

1人部屋 / 2人部屋 / 3人部屋/4人部屋

設備 部屋(鍵付き):ベッド、机、椅子、ランプ、クローゼット
レジデンス:キッチン、バスルーム、リビングルーム(テレビ、ダイニングテーブル、椅子)、
エアコン、Wi-Fi、洗濯機、乾燥機
学校までのアクセス 徒歩5分
補足説明 コンドミニアムレジデンス規則あり。

ホームステイ

1人部屋

設備 ベッド、椅子、机、クローゼット等(ホスト先により異なります)
学校までのアクセス バスで30~45分程度
補足説明 1日2回、朝晩の食事が提供されます。
各家庭ハウスルールがあります。

-  写真  -

  • 学校外観

  • 学校外観

  • 校内受付

  • 校内受付

  • ラウンジ

  • 校内

  • 校内

  • 教室

  • 教室

  • カリキュラム掲示板

  • 授業風景

  • 授業風景

  • 授業風景

  • 講師

  • ハロウィーンパーティー

  • クリスマスパーティー

  • アクティビティ

  • アクティビティ

  • アクティビティ

  • アクティビティ

  • キッズプログラム

  • キッズプログラム

  • キッズプログラム

  • キッズプログラム

  • キッズプログラム

  • キッズプログラム

  • キッズプログラム

  • 滞在先

  • 滞在先

  • 滞在先 キッチン

-  訪問レポート  -

こちらの学校を訪問して強く感じたことは、高校卒業後の海外での進学を視野に入れたい方には、非常に理想的な環境が整っているということです。学校の学習システム、全体の雰囲気ともに、進学を見据えて勉強する生徒へのサポートが充実しています。
しかしながら、日本の進学校のように生徒が勉強漬けになっているという印象はありません。放課後になると校内施設でスポーツやアクティビティを楽しむ生徒さんが多く、学校全体が活気にあふれていました。大学進学をリラックスした学習環境で目指せる、そのような学校だと思います。

進学を後押しするカリキュラムとサポートの充実

セントラル・パシフィック・カレッジ

最終学年にあがる時には進路担当のスタッフが生徒全員の進路希望をとり、個人にあったカリキュラムのアドバイアスや進路相談を行います。
こちらの学校の素晴らしいところは、海外の大学へ進学を希望する場合にも、願書提出など入学手続きサポートを行ってくれるところです。進路担当の専属スタッフが複数人いますので、手厚いサポートが受けられます。
また、授業に大学で学ぶ際に必要となる聴講のスキルやエッセイの書き方、ディベートやプレゼンテーションの仕方などを重点的に学ぶ時間が設けられています。

進学を後押しするカリキュラムとサポートの充実

セントラル・パシフィック・カレッジ

最終学年にあがる時には進路担当のスタッフが生徒全員の進路希望をとり、個人にあったカリキュラムのアドバイアスや進路相談を行います。
こちらの学校の素晴らしいところは、海外の大学へ進学を希望する場合にも、願書提出など入学手続きサポートを行ってくれるところです。進路担当の専属スタッフが複数人いますので、手厚いサポートが受けられます。
また、授業に大学で学ぶ際に必要となる聴講のスキルやエッセイの書き方、ディベートやプレゼンテーションの仕方などを重点的に学ぶ時間が設けられています。

留学目的別に学校をさがす

ハワイ留学のご相談はこちら

0120-4192-09受付時間 : 10時~20時(月~金) / 10時~19時(土日祝)